チーズができるまで

1.原乳受け入れ・低温殺菌

牧場から新鮮なミルクを受け入れ、より生乳に近い状態維持できる殺菌法で殺菌処理します

2.乳酸発酵・酵素による凝固

殺菌した乳を適温まで冷却し、乳酸菌を加えます。乳酸菌が活発に働き始めたらレンネット(酵素)を入れてかきまぜます。

3.カッティング

酵素で固まってきた凝乳(カード)がほどよい硬さになったら、サイコロ状に細かくカッティングします。

4.撹拌

加温しながら撹拌、乳清(ホエー)と分離させます。

5.型つめ・圧縮

水分を抜いた後、チーズのタイプごとに容器に入れ形成します。 ハードタイプチーズはプレスし、そのチーズにふさわしい組織を形成させます。

6.加塩

型から抜いたカードに塩を加えます。塩水に浸す方法と直接塩を振りかける方法があります。 チーズによりこの後白カビや菌をつけたりします。

7.熟成

チーズのタイプごとに、温度や湿度を管理しながら手入れし熟成させます。 湿度と温度・熟成期間により、風味に違いが出ます。

8.みなさまのもとへ

熟成の終わったチーズをカット、パッケージングしたものが、お店に並びます。

ご購入